スポンサード リンク

査定の価格の基準

査定の価格の基準は、家、マンション、土地で違います。

家の評価の基準は、所在地、坪数、私道負担の有無、間口、間取り、前道の幅、接道面の向き、ガレージの有無、築年数、家の状態といった、その家自体の状態を査定し価格を付ける基準と、交通の便、周辺の環境、生活上の便利性、地域の景観、嫌悪施設の有無といった、その家がある場所の周辺環境が査定の価格に影響する基準とがあります。これらの評価の基準から、項目ごとに評価され、点数に換算され、その点数の合計が金額として算出されるのが、査定の価格の付け方となります。

マンションでは、周辺環境の査定の基準が価格に影響することは同じですが、建物の状態の評価の基準は、家と若干違います。マンションでは、マンション名、専有面積、ベランダの向き、何階建ての何階の部屋か、築年数、建物の築年数、管理費や積立金の月額などが、マンションの査定の価格の評価基準となります。

土地の査定の価格の基準は、所在地と前道の幅、坪数、間口、土地の形、権利関係と法令上の制限、敷地の状態や相隣関係、地盤、流通性、境界の有無といった項目が、土地の状態の評価の基準になっています。そして、土地に関しても、周辺環境の査定の基準が価格に影響することもあり、その項目も、家やマンションと同様で、交通の便や生活の便利性などが評価に影響してきます。

このように、不動産の評価は、その状態と周辺環境が大切になると言えます。
| 日記

農村地域の不動産の査定

農村地域においても、不動産の査定の基準は同じです。それは、不動産の査定の基準は、法律に基づいている為です。ですから、都市部でも、農村地域でも、評価をして貰う際の基準は、同じという事です。

そうなると、農村地域の査定は厳しいものになるでしょう。交通の便や生活上の便利性といった、現代社会においては必要不可欠な要素に、買取価格が見込めないからです。建物そのものの査定の基準が、ある程度高く見積もって貰えたとしても、周辺に病院が無かったり、学校が無かったり、駅やスーパーといった生活に必要な場所が遠い農村地域では買い手が付かない場合が多く、そういった点が、農村地域では査定に響くと考えられます。

しかし、近年では、スローライフをする人が増えた事や、定年後の生活に田舎暮らしを希望する人も増えた事で、農村地域に移り住む人もいるのが現状です。そういった事から考えると、農村地域でも買い手を探せば見つかるという事が言え、査定も考慮される可能性があるでしょう。そして、環境の面に関しても、自家菜園を設けたいという人や、空気の綺麗なところに住みたいという希望を持っている人にとっては、周辺施設の充実よりも、そういった環境の美しさを優先させるでしょう。そういった近年の傾向から考えると、農村地域だからといって厳しい査定がされるという事も少ないかもしれません。

しかし、その場合には、家の状態や、土地の形が良い事などの条件がより良くないと、農村地域の査定が厳しい事には変わりないかもしれません。
| 日記

不動産の買取の査定

不動産を売ろうと考え、評価をしてもらい、いよいよ依頼する不動産屋を決定すると、本格的な買取の査定に入ります。買取の査定も、無料で評価をしてもらうのと同様です。評価の基準があり、それに基づいて買い取ってもらう評価をしてもらい、価格を付けて売ることになります。ですから、買取の査定が一番重要になってくるというわけです。

買取を決定するときも、無料で査定してもらって、自分の家やマンション、土地がいくらで売れるかを見てもらって分かっていますから、見てもらった不動産屋の中で1番評価額が高かったところに依頼するのも良いでしょう。また、改めて信頼できる不動産屋に頼んで売る際の評価をしてもらうという方法もあるでしょう。この場合にも、無料で評価してもらっておけば、その結果を考慮してもらうことも出来ますし、何より信頼がそこにはありますから、買取の査定という大切な場にとっては、安心して任せられるという安心感が得られるでしょう。

このように、買取の査定は最終的な価格になるため、重要なものとなります。失敗は出来ません。そのために、買取を決める前には、無料の査定をしておくことが必要になってくるのです。

買取を決定した際には、その評価額の満額で買い取ると謳っているところもあります。しかし、お金が関わっていることですから、信頼もある程度必要としなければならないのではないでしょうか。
| 日記

住宅などの下取りの査定

住宅などを売る場合、査定をして貰いますが、買い手が付かない場合には、不動産屋が下取りしてくれます。その際の評価は、下取りの査定となります。

本来ならば買い手が付く様に、自宅訪問をして貰ったり、不動産屋が仲介して買い手を探してくれるのですが、査定の段階で、その土地の状態だったり、家の状態だったり、周辺の環境や交通の便といった項目において買い手が付き難い場合もあるでしょう。そういった場合、手放したい側にとっては、手放してから別の場所に移るなどしなければなりませんから、下取りをして貰うしかないという事になるのです。

住宅の下取りは車やバイクと同じ感覚の様で、買い手が付く場合に比べると、査定価格は安くなるそうです。当然、新築の時に払った金額に比べると、かなり下がる事は覚悟しなければならないでしょう。その理由に、下取りした後の利用理由にも、査定の価格は関係していると考えられます。

査定して、下取りした後の不動産は、家やマンションならば取り壊して、新たにモデルルームなどを建てる場合があります。そのまま残しても買い手が付かない、使えないというのが、査定のときに判断され、下取りされるからです。そうなった場合、取り壊しの費用が査定の価格に組み込まれる為、下取りの費用が、思った以上に安い場合があるという事になるそうです。しかし、不動産屋によってはそういった事を考慮してくれる所もあるでしょうから、何社か評価をして貰って、価格を聞いてから売る事を考えた方が良いと言えるでしょう。
| 日記

土地の査定

土地の査定の基準は、その所在地、前道の幅、坪数、間口のほかに、土地の形、権利関係と法令上の制限、敷地の状態や相隣関係、地盤、流通性、境界の有無などが評価の項目となってきます。こうした土地の状況による査定の項目のほかに、環境も必要になってきます。

土地の環境の査定の項目には、交通の便、周辺の環境、コンビニやスーパーといった生活の便利性、地域の景観、その土地の周辺に嫌悪施設があるかどうかなどが、土地の査定の項目となっています。

このように、土地に対しても、査定の基準には周辺の環境が影響してくる場合がありますが、これは、不動産屋がその土地を買い取った後のことを考えるからだと思われます。土地を査定してもらい売った場合、そこに買い手が付いて売れるのか、不動産屋が買い取るのかと、土地のその後は違いますが、いずれにしても買い手あっての売買ですから、土地に対しても、そうした査定の基準が挙げられているということになるでしょう。

土地の査定は、家やマンションを売りたいと考える人が受けるものという感覚がありますが、例えば土地を所有していたが、利用理由が無く売ろうと考えている場合や、畑などとして使用していたが手放そうと考えている場合などでも、まず評価をしてもらってから売ることが良いでしょう。その際、こうした土地に対してもこのような基準は適用されることになります。
| 日記

不動産の査定

不動産の査定は、土地やその定着物である建物や立ち木、自動車や船舶なども不動産となるため、その全ての評価をすることが出来ます。その中でも、家やマンション、土地といったものは、一般的な査定される不動産とされているでしょう。

不動産とされる家やマンション、土地の査定は、それぞれに基準があります。しかし、これらに共通していることは、私達が生活をする上で必要な不動産だということです。土地が無ければその上に家やマンションが建ちません。つまり、引っ越す場合や、住む人間がいなくなったなどの理由から、現在住んでいる家を手放すこととなった場合に、その住んでいた部分である家やマンションだけを売るために査定をしてもらえば終わりなのかと言えば、そうではないということが言えるでしょう。

このように、不動産の査定には、家やマンションと附属する形で、土地の評価も必要となるわけですが、そのために、家やマンションを売る際、土地も評価してもらうこととなるため、共通して言えるのは、所在地や敷地面積、周辺の施設の充実さ、環境の良さ、嫌悪施設の有無などが挙げられるでしょう。家やマンションの不動産の査定は、これらの条件が価格に響く可能性がありますが、土地の不動産は、例えば畑として購入することや、最近では駐車場として不動産屋が経営するという場合もあるので、必ずしもこうした条件が査定の価格に響くと言えないかもしれません。
| 日記

中古マンションの査定

中古マンションの査定は、対象となるものがあります。中古マンションの査定の対象になるのは、居住用ファミリータイプのマンションとなります。高級マンションや定期借地権マンション、収益物件、店舗ビル、事務所ビルの一部に併設された居住用マンション、店舗用、事務所用など、居住用以外のマンションは対象外となっています。ですから、中古マンションの査定を考えている場合には、こうした点に気を付けておかなければなりません。

中古マンションの査定の基準には、中古マンション比較法に基づいてされます。また、インターネットを利用して中古マンションの査定をすることも出来ます。中古マンションにおいても、何社かの評価を受けて、目安をつけてから売ることを考えることが大切だと考えられます。無料で価格を付けてくれる不動産屋も、家の場合と同様多くありますから、そうしたものを利用すると良いでしょう。

中古マンションに対しても、その所在地は重要な査定の項目となります。売ることになった場合には、その周辺施設の充実さが、そのまま買い手が付くかどうかの基準となります。更に、マンションということで、入居してくれる人が集まるかどうかも問題になります。入居数を確保するためにも、周辺施設の充実と住み心地の良さは必要となってくるでしょう。そういったことも考えて、中古マンションの査定の価格を見ることが大切だと考えられます。

住宅地における査定

住宅地における査定には、その所在地が重要になってきます。評価を行うときの項目の中には、所在地の項目が必ずあります。これは、一軒家においてもマンションにおいても同じです。その住宅地において、周辺の交通の便は良いか、コンビニやスーパー、ショッピングモールなどが近くにあるかなど、生活をする上で、その住宅地が居心地の良いものかどうかが、査定の基準の項目に組み込まれています。更に、その住宅地の周辺の環境が良いか、嫌悪施設が無いかどうかも査定の項目として重要とされています。

住宅地の査定にこうした項目が重要視されているかと言えば、評価を経て売りに出された場合、買い手が付かなければ意味がありません。買い手が付かなかった場合でも、いずれは何かの建物や利用する土地として売らなければ、不動産屋としては大損となってしまいます。ですから、少しでも早く買い手が付くように、そうした嫌われ易い要素がそこにある場合には、その価格に響く可能性があるというわけです。

住宅地は最近、分譲住宅地も増えてきており、周辺に学校やコンビニ、スーパーなどの施設も、その付近に増えてきています。そのことによって、査定の基準が、昔は周辺施設が充実していることが価格の上乗せ要素になっていたものが、当たり前の基準に変わってくると考えられるため、駅から遠い場所の住宅地や昔に切り開かれた土地に立てられた家などは、査定が厳しくなるかもしれません。

ネットを利用して査定する

ネットを利用して家の査定をすることも、現代においては可能となってきました。こうした依頼をする場合、知り合いの不動産屋に頼むのも良いのですが、何社かの価格を知っておくことも、家を高く売るためには必要なことになるのです。そこで、ネットを利用して家の査定を依頼するのも良いのではないでしょうか。

ネットでは査定をしてくれる不動産屋の数も豊富ですし、全国展開の会社もあるため、どこに住んでいても査定をしてくれるのも、ネットの良いところと言えるでしょう。更に、ネットでの査定でも、無料でしてくれる不動産屋が多いので、何社かに家の査定を依頼する場合には、ネットを利用することが適しているとも言えるかもしれません。

また、ネットで家の査定をするサイトの中には、自分で出来るものもあります。家の評価には基準があり、その基準は、住んでいる住人自身でも分かる項目がたくさんあります。例えば築年数だったり、所在地だったり、そういった項目をネットの査定の項目欄に入力していくと、計算して大まかな価格が算出される仕組みになっています。こういった項目は、実際プロが見て判断するものとは違うので、正確な価格とも言えないし、自分が自分で判断しているものなので、プロが見たものよりも価格が高く付くかもしれません。しかし、ある程度の目安としては役に立つのではないでしょうか。

しかし、いざ売るとなった場合には、きちんとした査定がされるので、その心構えとしても、ネットや知り合いの不動産屋の無料査定を利用して、プロに依頼することも考える必要があります。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。