スポンサード リンク

住宅地における査定

住宅地における査定には、その所在地が重要になってきます。評価を行うときの項目の中には、所在地の項目が必ずあります。これは、一軒家においてもマンションにおいても同じです。その住宅地において、周辺の交通の便は良いか、コンビニやスーパー、ショッピングモールなどが近くにあるかなど、生活をする上で、その住宅地が居心地の良いものかどうかが、査定の基準の項目に組み込まれています。更に、その住宅地の周辺の環境が良いか、嫌悪施設が無いかどうかも査定の項目として重要とされています。

住宅地の査定にこうした項目が重要視されているかと言えば、評価を経て売りに出された場合、買い手が付かなければ意味がありません。買い手が付かなかった場合でも、いずれは何かの建物や利用する土地として売らなければ、不動産屋としては大損となってしまいます。ですから、少しでも早く買い手が付くように、そうした嫌われ易い要素がそこにある場合には、その価格に響く可能性があるというわけです。

住宅地は最近、分譲住宅地も増えてきており、周辺に学校やコンビニ、スーパーなどの施設も、その付近に増えてきています。そのことによって、査定の基準が、昔は周辺施設が充実していることが価格の上乗せ要素になっていたものが、当たり前の基準に変わってくると考えられるため、駅から遠い場所の住宅地や昔に切り開かれた土地に立てられた家などは、査定が厳しくなるかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。