スポンサード リンク

中古マンションの査定

中古マンションの査定は、対象となるものがあります。中古マンションの査定の対象になるのは、居住用ファミリータイプのマンションとなります。高級マンションや定期借地権マンション、収益物件、店舗ビル、事務所ビルの一部に併設された居住用マンション、店舗用、事務所用など、居住用以外のマンションは対象外となっています。ですから、中古マンションの査定を考えている場合には、こうした点に気を付けておかなければなりません。

中古マンションの査定の基準には、中古マンション比較法に基づいてされます。また、インターネットを利用して中古マンションの査定をすることも出来ます。中古マンションにおいても、何社かの評価を受けて、目安をつけてから売ることを考えることが大切だと考えられます。無料で価格を付けてくれる不動産屋も、家の場合と同様多くありますから、そうしたものを利用すると良いでしょう。

中古マンションに対しても、その所在地は重要な査定の項目となります。売ることになった場合には、その周辺施設の充実さが、そのまま買い手が付くかどうかの基準となります。更に、マンションということで、入居してくれる人が集まるかどうかも問題になります。入居数を確保するためにも、周辺施設の充実と住み心地の良さは必要となってくるでしょう。そういったことも考えて、中古マンションの査定の価格を見ることが大切だと考えられます。
この記事へのコメント

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://gu5m88i.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年07月30日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。