スポンサード リンク

住宅などの下取りの査定

住宅などを売る場合、査定をして貰いますが、買い手が付かない場合には、不動産屋が下取りしてくれます。その際の評価は、下取りの査定となります。

本来ならば買い手が付く様に、自宅訪問をして貰ったり、不動産屋が仲介して買い手を探してくれるのですが、査定の段階で、その土地の状態だったり、家の状態だったり、周辺の環境や交通の便といった項目において買い手が付き難い場合もあるでしょう。そういった場合、手放したい側にとっては、手放してから別の場所に移るなどしなければなりませんから、下取りをして貰うしかないという事になるのです。

住宅の下取りは車やバイクと同じ感覚の様で、買い手が付く場合に比べると、査定価格は安くなるそうです。当然、新築の時に払った金額に比べると、かなり下がる事は覚悟しなければならないでしょう。その理由に、下取りした後の利用理由にも、査定の価格は関係していると考えられます。

査定して、下取りした後の不動産は、家やマンションならば取り壊して、新たにモデルルームなどを建てる場合があります。そのまま残しても買い手が付かない、使えないというのが、査定のときに判断され、下取りされるからです。そうなった場合、取り壊しの費用が査定の価格に組み込まれる為、下取りの費用が、思った以上に安い場合があるという事になるそうです。しかし、不動産屋によってはそういった事を考慮してくれる所もあるでしょうから、何社か評価をして貰って、価格を聞いてから売る事を考えた方が良いと言えるでしょう。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。