スポンサード リンク

農村地域の不動産の査定

農村地域においても、不動産の査定の基準は同じです。それは、不動産の査定の基準は、法律に基づいている為です。ですから、都市部でも、農村地域でも、評価をして貰う際の基準は、同じという事です。

そうなると、農村地域の査定は厳しいものになるでしょう。交通の便や生活上の便利性といった、現代社会においては必要不可欠な要素に、買取価格が見込めないからです。建物そのものの査定の基準が、ある程度高く見積もって貰えたとしても、周辺に病院が無かったり、学校が無かったり、駅やスーパーといった生活に必要な場所が遠い農村地域では買い手が付かない場合が多く、そういった点が、農村地域では査定に響くと考えられます。

しかし、近年では、スローライフをする人が増えた事や、定年後の生活に田舎暮らしを希望する人も増えた事で、農村地域に移り住む人もいるのが現状です。そういった事から考えると、農村地域でも買い手を探せば見つかるという事が言え、査定も考慮される可能性があるでしょう。そして、環境の面に関しても、自家菜園を設けたいという人や、空気の綺麗なところに住みたいという希望を持っている人にとっては、周辺施設の充実よりも、そういった環境の美しさを優先させるでしょう。そういった近年の傾向から考えると、農村地域だからといって厳しい査定がされるという事も少ないかもしれません。

しかし、その場合には、家の状態や、土地の形が良い事などの条件がより良くないと、農村地域の査定が厳しい事には変わりないかもしれません。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。